脇腹のぽっこりを毎日たった4分で解消する運動!

beauty

以前腹筋の筋トレを記事にしましたが、最近脇腹のぽっこりにもっと効果のある運動を知ったので紹介します。

ふと子供の上半身を見ると脇腹がスッキリしていたのがキッカケでした。コッソリ部屋で鍛えていたとのこと。目の前で効果を見せられると、コッチの運動のほうが良いって思いますよね^^

ということで、早速ご覧ください。

スポンサードリンク

脇腹のぽっこりをたった4分で解消する運動

まず脇腹のぽっこりを解消する運動の名前を紹介します。

サイドプランク』という運動です。

鍛えられる部位は

  • 腹斜筋(ふくしゃきん)
  • 腹横筋(ふくおうきん)
  • 腹直筋(ふくちょくきん)

姿勢はyoutubeで確認して下さい。

サイドプランク4分の内容

右側:40秒×3セット
左側:40秒×3セット

左右順番に行います。

合計で240秒、つまり4分で終了します。

普段運動していない人は、10秒から始めて徐々に時間を延ばします。40秒を1セット出来るようになったらセット数を増やして最終的に3セットまで行えるようになればバッチリ!

毎日3セット出来るようになると、腹斜筋がスッキリとしてきます。そして徐々に脇腹のぽっこりが減少していき最終的にお腹周りがスッキリしてしまいます。

強度を上げる

40秒×3セットが楽にできるようになったら、次は片足を上げてキープした状態で40秒にして運動強度を上げます。

私はマラソンが趣味なので、2日に1回は補強運動として筋トレをしていましたが、サイドプランクほど短期間で腹筋に変化が現れた運動はありませんでした

筋トレ嫌いの奥さんも参加して、家族みんなでやってます。やると変化があるので楽しいんですね。

始めて4日目で奥さんの一言に衝撃を受けました。

『今まできつかったズボンがまだ履けない。。。』

え~っと、鍛えているのは脇腹だからズボン履けるわけないでしょ?でも脇腹に変化が現れたのでついついお尻と太もも周りもスッキリし出したと思ったんでしょうね。

スポンサードリンク

それだけ我が家の中では衝撃!!の運動になっています。

下腹のぽっこりを解消する運動

サイドプランクは脇腹のぽっこり解消でしたが、次は下腹のぽっこり解消の運動を紹介します。

フロントプランク(またはプランク)』という運動です。

鍛えられる部位は

  • 脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)
  • 大殿筋(だいでんきん)
  • 腹斜筋(ふくしゃきん)
  • 腹横筋(ふくおうきん)
  • 腹直筋(ふくちょくきん)

この中で下腹のぽっこり解消に鍛えると良いのが腹横筋。普通に腹筋をしていても下腹のぽっこりが解消されないって人は試して下さい。

サイドプランクの後に続けて行うとお腹周りの運動を集中してできます。

姿勢はコチラの動画を見て下さい。

40秒×3セット

合計120秒、たった2分の運動です。

身体をまっすぐ平にキープして行うのがコツ。お腹が下がっていたり、上がっていたりすると効果がありません。

回数を追うような運動と違って、キープしているだけで鍛えられ、しかも自重のみなのに筋肉に効くのでプランク系はおすすめです。

バランスを考えて広背筋も鍛える

ついでに、前側と後ろ側のバランスを考えて広背筋も鍛えます。

行うのは『リバース・プランク』という運動です。

鍛えられる部位は

  • 脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)
  • 大殿筋(だいでんきん)
  • 広背筋(こうはいきん)

姿勢はコチラの動画を見て下さい。

40秒×3セット

合計120秒、たった2分の運動です。

さいごに

本当に今すぐに試して下さい。そして3日後、1週間後と変化を楽しんで下さい。鍛えられてるのがわかりやすいので、意志の弱い人でも続けられると思います。

スポンサードリンク

◆この記事を読まれた方からはこちらの記事も人気です。
<関連記事>
腹筋の筋トレは簡単な動きから!脇腹やぽっこり下腹部に効かせるには?
二の腕のダイエットには筋トレを!器具やつぼ押しも紹介♪
簡単!足のむくみを解消するツボや運動手間なし解消グッズを紹介
ホワイトチアシードの違いとは?栄養素・カロリー・食べ方などで比較