カメラのレンズキャップをなくしたら?なくさない為には?そもそも必要?

タムロン レンズキャップ

先日奥さんがカメラのレンズキャップをなくしてしまいました。どこでなくしたのかも見当がつかず、仕方がないので購入することにしました。

同じようにレンズキャップをなくしてしまった方のために

  • どこを見て選べばよいのか?
  • なくさない為にどうすればよいのか?
  • そもそもレンズキャップは必要なのか?

ということをまとめましたのでご覧下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カメラのレンズキャップをなくしたら?

カメラのレンズキャップをなくしたら、基本的には純正の同じサイズのレンズキャップを購入します。

キャップの径を覚えていなくても

  • レンズフィルターに記載されている径で確認
  • amazonでレンズの品番を入力すると、一緒にキャップも出てくる
  • 公式サイトで『フィルター径』を確認

のようにいずれかの方法でサイズが確認できます。

失くしたキャップは

TAMRON 高倍率ズームレンズ 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD キヤノン用 APS-C専用 B008E』

タムロン 18-270

ですから検索するときに

タムロン 18-270』で検索すると大抵出てきます。

このレンズの場合は

フィルター径:62φ

アマゾンで882円でしたが、ヨドバシカメラで594円。え!こんなに値段違うの?ということでそのまま店舗に購入しに行きました。

レンズキャップ

レンズキャップは展示販売していなかったので、店員さんにお願いして用意してもらいました。

カメラのレンズキャップをなくさない為に

いくらレンズキャップが安く購入できても再びなくされたら困るので、なくさない為の方法を探してみました。

しまう場所を決める

撮影場所に着いたら、キャップを右ポケットにしまう』ということにしました。撮影が終わるまでは、キャップを使いません。

レンズキャップ紛失ストラップを使う

レンズキャップにストラップを装着して、レンズから離れないように出来るんですね。でもこれって撮影中は邪魔になりますね。

スポンサードリンク

レンズキャップホルダーを使う

カメラストラップやカメラバッグの紐に装着できるホルダーです。対応する径によって商品が違うので、レンズを使い分ける人は、ホルダーがいくつも必要になりますね(^^;)

カメラのレンズキャップはそもそも必要?

レンズキャップを探している時に見つけた口コミで、そもそもいるの?ということが書かれていました。

  • 撮影中はレンズフードを装着しているので、撮影前と終了後にはキャップは必要。
  • 保護フィルター使用者は、フィルターで保護しているのでキャップは不要。
  • 保護フィルターを装着している状態から、撮影時に取り外す人はキャップのほうが使い勝手が良い。

などなど。

保護フィルターは撮影の仕上がりに影響するけど、レンズ自体を常に傷や汚れから守りたい場合は外すべきではない!という人もいました。

我が家では、フード+保護フィルター。そして、移動中はレンズキャップも装着しています。。。

タムロン フード

こんなフードです。多分レンズに付属していたフードだと思います。

さいごに

レンズキャップをなくしたことで、カメラのキャップ一つ見ても、いろんな使い方があるということが今回わかりました。

ただでさえカメラの世界は奥が深いなあと思っているのに。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク