あなたの街と自然災害!千葉県立中央博物館開催の記録

ところ変われば備えも変わる あなたの街と自然災害

  • 期間:平成30年3月3日(土)~5月27日(日)
  • 場所:千葉県立中央博物館

千葉市市街地の地形や成り立ちがわかる記録。千葉市の地盤の様子がわかりますので、千葉市のハザードマップ揺れやすさが表現されていますが、市街地のほとんどが揺れやすい理由がわかります。

関東平野の地形 

関東平野の基盤構造模型です。

  • 固い基盤岩が3,000m以上の深い凹みとなっている
  • 凹みを堆積層が埋めている
  • 堆積層は、軟弱地盤である沖積層の場所もある

①古東京湾時代(13~12万年前頃)

浅い海(古東京湾)に地層が堆積。暖かい時代で、海面が上がり、関東平野には東に開いた浅い海が広がっていました。

②氷期の時代(約2万年前頃)

寒くなると海面が下がり、海底が陸になる。関東平野はほとんど陸地となり(東京湾も)深い谷が掘られました。火山活動も活発で、火山灰が降り積もり、台地となりました。

③縄文海進の時代(約7千年前頃)

再び暖かくなって海面が上がり、谷の奥まで海が入り込む。氷期に形成された深い谷は海面下に埋もれ(埋没谷)、新しい地層(沖積層)が堆積していきます。

④③の時代より少し後の千葉市付近

千葉市中心部は湾になり、その後低地が形成。縄文海進以降、やや海面が下がり、河川が運ぶ土砂も堆積して、低地が形成されました。その下には、沖積層が厚く堆積した深い谷が隠れているところもありあます。

千葉市の地形

明治10年東金街道の時代

 

 

昭和40年代の農林水産省畜産試験場となっていた時代

 

 

平成7年頃 青葉の森公園が作られた時

 

画像右側が矢作トンネル側で、左側が京成千葉寺駅方面ですね。

 

千葉寺駅から北にまっすぐ延びる道路は、もとは谷津だった。とあります。

関東地震の震度分布図

 

地震による揺れやすさ

 

500年前頃の江戸の地形

 

 

写真中央部に「丸の内谷」と記載があります。皇居東側の南北方向は、谷になっているんですね。

埋没谷地形

 

 

 

 

低地・埋立地(東京湾岸地域)

 

都川流域の現在の地形

 

 

東京湾の下に隠れた谷地形

明治15年頃の東京湾の自然の海岸線

都川流域の断面

東京湾岸の埋没谷地形模型

湾岸習志野地域の液状化

千葉市湾岸部の液状化

液状化と埋没谷

無料レポートをもらう

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP