みやぎ蔵王の樹氷ツアーを10倍楽しむための予約・服装・アクセス方法

マウンテンフィールド宮城蔵王すみかわの

「雪上車で行くみやぎ蔵王の樹氷めぐり」ツアーについて

樹氷ツアーを10倍楽しむための予約方法、服装、アクセス方法のポイントをお伝えします。

みやぎ蔵王の樹氷ツアーを10倍楽しむための予約方法

 

雪上車「ワイルドモンスター号」は、スタンダードクラスとデラックスクラスの2種類あります。

雪上車の料金

スタンダードクラス:5000円

デラックスクラス:8000円

スタンダードクラス:5000円

デラックスクラス:8000円

スタンダードクラス:7000円

デラックスクラス:10000円

スタンダードクラスとデラックスクラスの違いは?

一番大きな違いは、

  • スタンダードクラス:横向きのベンチシート
  • デラックスクラス:前向きの独立シート

です。

写真手前三台がデラックスクラスです。

僕たちは、2人で6000円も違うし、横向きのベンチシートで窓から景色も見えて良いと考え、スタンダードクラスにしました。

 

でも、斜面をグングンと登っていくので、シート上で体が滑る!

横向きなので、窓の外は見やすいですが

場所によっては、両手で吊革を持ちながらじゃないと厳しいので撮影不可です。

片道45分、樹氷めぐり散策ポイントに到着するまでに若干疲れ気味に。

予約のおすすめは?

移動を快適に過ごすなら

デラックスクラス(使っていませんが)がおすすめです。

デラックスクラスは、他にも

  • 専用受付・専用ラウンジ完備
  • 予約優先席
  • 車内専用ブランケット貸し出し
  • ホッカイロプレゼント
  • 珈琲、お茶、蔵王の天然水のサービス
  • オリジナル商品プレゼント

などのサービスがあります。

ちなみに、スタンダードクラスは

レストハウスで受付

受付後はレストランで待機。この日は、コロナ感染者発生で、ゲレンデがお休みでしたので、ガラガラ。

待つだけなら、レストハウスでも十分です。

みやぎ蔵王の樹氷ツアーを10倍楽しむための服装

樹氷ツアーの服装は、10倍楽しむためには超重要です。

公式HPでも

  • 脱ぎ着できる防寒着(上下)+動きやすいズボン
  • 防寒小物(ニット帽また日よけ帽、手袋、サングラス)
  • ツアー時間中は防寒長靴のレンタルをオススメ

とあります。

標高1400m

氷点下8℃

吹雪き

雪上車を降りたら視界不良でした。

僕たちは、念のため

  • サングラス→スキーのゴーグル
  • ズボン→防水+防寒仕様
  • 靴下→発熱系のもの
  • 首回り→ネックウォーマー+マフラー
  • 手袋→スキー用

を用意していましたので、防寒はばっちりでした。

 

こんな感じです。

でも、スマホやカメラで樹氷を撮影するために、右手の手袋を外していたため

しもやけに。

吹雪いていても大丈夫なように、手袋はスマホ等操作が出来る物が良いですね。

みやぎ蔵王の樹氷ツアーを10倍楽しむためのアクセス方法

10倍楽しむためのアクセス方法といっても、蔵王エコーラインの入口の大鳥居からマウンテンフィールド宮城蔵王すみかわまでは1本道です。

 

※蔵王エコーラインは、マウンテンフィールドまでは通行できます。

では、何を楽しむのかというと

 

車道両サイドに積もった「プチ雪の壁」

 

4月下旬開通の蔵王エコーラインの雪の壁に向けて、着実に積もっていっているのかと思うと楽しめます。

車のフロントガラスをキレイにしておいて、走行中動画撮影できるようにしておくのがオススメです。

ただし、路面が凍っているので、運転手は、タイヤを滑らせながらの走行になりますのでご注意を。

まとめ

さいごにみやぎ蔵王の樹氷ツアーの様子をご覧ください。

受付で「樹氷が立派に大きくなっていますよ」と教えてくれたお兄さん。ほんとにデカくて驚きました。

これが快晴ならもっと楽しめますね。

 

みやぎ蔵王の樹氷ツアーを10倍楽しむための方法ということで

  • 予約:デラックスクラスの前向き独立シートがおすすめ
  • 服装:手袋は装着したまま撮影できると良い
  • アクセス方法:蔵王エコーライン「プチ雪の壁」が楽しめるので動画撮影がオススメ

の3点についてお伝えしました。

2月に向けて本格化する蔵王の樹氷ツアー。

当日でも空きがあれば参加できますが、1/22段階でも、雪上車が5台出動していましたので

土日は、事前予約がおすすめです。

蔵王樹氷2022
最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP