キリンビールの千葉づくりを飲んでみた感想!口当たりと苦みの余韻が印象的!

chibadukuri-1

6月7日に発売された地域限定ビール『千葉づくり』を飲んでみた感想を紹介します。

  • 千葉の誇りを限定醸造
  • 千葉LOVE

といったキャッチフレーズがずっと気になっていて、先日ようやく飲むことが出来ました。

キリンビールの千葉づくり

千葉づくりの特徴

chibadukuri-4

おおらか地元愛が強い。
そんな千葉の人

のしあわせな時間に
似合うビールができました。

難しいこと抜きワイワイ飲める、
すっきりとした味わいと、

菜の花のような色をした、
目にも楽しい一杯。

パッケージのイメージカラーは黄色

食材の宝庫 千葉の、旬の素材を引き立てる、
千葉だけの一番搾りを、お召し上がりください。

とあります。

つまり

  • すっきりとした味わい
  • 菜の花の色のよう

というのが特徴になるわけですね。

菜の花というのは確かに、地元の人間にとっては印象に残る景色で良いと思いました。

千葉づくりを製造しているのは『キリンビール取手工場』。工場見学の記事でも紹介していますが、『ビール工場見学』ができますよ。

キリンと一緒に考えた人たち

地元の皆様と地元のことを語り合ってつくりました

とあります。これを見て『自分のところに連絡なかったよ~』と思った人もいるのではないでしょうか。

で、千葉づくりを一緒に考えた皆さんという方々がHPで紹介されていました。

  1. 千葉県観光物産協会 会長
  2. 株式会社千葉日報社 代表取締役社長
  3. 千葉テレビ放送株式会社 営業業務局業務推進部長
  4. 千葉県庁 総合企画部報道広報課副主幹
  5. 株式会社ベイエフエム 東京営業部営業課課長代理
  6. 有限会社ちばマガジン 代表取締役社長
  7. 全国農業協同組合連合会 千葉県本部畜産部部長
  8. 千葉県漁業協同組合連合会 販売部部長
  9. 株式会社千葉ロッテマリーンズ 事業本部営業部部長

この方々の舌が『千葉づくり』の味を決めたんですね。

いや~楽しみです。

千葉づくりを飲んだ感想

千葉づくりの色

chibadukuri-3

まずは菜の花のような色か確認です。

ビールの色ですね。。。

私の想像では、もっと明るい黄色をイメージしていました。

ヒューガルデンホワイトのような黄色です。

千葉づくりの味は?

◆一口目

一口目を飲んだ感想は、ラガービールよりは苦みは弱いですが、意外と苦みが強い印象です。

舌の奥のほうがで、しっかりと苦みが感じられます。

◆二口目

二口目を飲むと、さっぱりとした口当たりだなと思いました。

ガブガブ飲むというよりは、しっかりと味わって飲むと良いビール。

美味しいですよ。

chibadukuri-2

『千葉づくり』を紹介しなくちゃいけないから~という理由で、ソーセージを買ってもらいました。

千葉づくりが飲める場所

千葉づくりは千葉県内の店舗で販売されていますし、飲食店でも飲めるようです。

6月21日現在で、千葉県内の飲食店で『千葉づくり』が飲めるのが956件ありました。

多い市を挙げると

  • 千葉市中央区で112件
  • 柏市で102件
  • 船橋市で96件
  • 市川市で85件

と、その辺のお店に行けば普通に飲めるようです。

キリンブラウマイスターのように取扱店が少ないわけではないんですね。

さいごに

47都道府県の一番搾り、各地域に行った際に、飲んでみようかなと思いますよね。

ちなみに今日は栃木に出張ですが『栃木づくり』は10月12日発売なので、まだ買えないようです。。。

スポンサードリンク

残念。