日焼け止めとファンデーションの塗る順番は?化粧直しはどうする?顔に優しいものは?

そろそろ陽射しが強くなってきましたね。

日焼け止めをしっかりと塗って
紫外線対策を始めると思いますが
塗る順番を間違えてはいけません。

ここで正しい順番を確認しておきましょう。
他にも化粧直しの時はどうするのか?
顔にやさしい日焼け止めはなど
気になるポイントを紹介します。

日焼け止めとファンデーションの塗る順番は?

女性にとってメイクは必須ですからメイクをする場合の
日焼け止めを塗る順番は重要なポイントです。

化粧水や乳液(日々のスキンケア)

日焼け止め

化粧下地

ファンデーション

の順番です。

日焼け止めを塗るタイミングは
外出する30分前までに終わらせておきます。

日焼け止めが角質層になじむ前に外出してしまうと
日焼け止めの効果が発揮されません。

日焼け止めはファンデーションの化粧直しの時どうする?

化粧直しの時に日焼け止めを塗り直すのか気になりますよね。
日常的には、塗り直す必要はありません。

UVカット成分が入っているファンデを使用すれば問題ありません。

ただし、海や山などに出かけた時は
汗をかいてファンデも崩れて、日焼け止めも落ちていますので
ファンデの上からこまめに塗り直すことが有効です。

レジャーの時は、紫外線予防を優先してください。

日焼け止めで顔に優しいものは?

日焼け止めで顔に優しいものを選ぶポイントを紹介します。

SPF値は20~30程度の間で選ぶ
平均的な日本人は約20分間紫外線を浴びると
肌が赤くなってヒリヒリ(サンバーン)し出します。

SPF10はサンバーンを起こす時間を
20分の10倍の200分(3時間20分)まで引き延ばします。
SPF30ならば600分(10時間)です。

日中外出することを考えても10時間で十分ですね。

紫外線吸収剤を使用していないこと
紫外線吸収剤は、肌にとっては負担になります。
熱を吸収することで肌を酸化させてしまうので
長時間使うことでシミやシワの原因になります。

短い時間の使用やクレンジングをしっかりすれば大丈夫だと
考えてしまいますが、最近は紫外線吸収剤を使用していない商品
ありますので、そういう商品を選びましょう。

石鹸で簡単に洗い流せる
日焼け止めを洗い流すには
しっかりとクレンジングしないとダメなものがあります。
強い成分を使っているものが該当します。
先ほどの紫外線吸収剤もそうですね。

洗い残しのリスクを減らすためにも
石鹸で手軽に洗い流せる日焼け止めがいいです。

例えばアテニアの陽断(ひだん)は
紫外線吸収剤も使用していませんし
石鹸で洗い流せます。

さいごに

紫外線にはは日焼け止めだけではなく
日傘や手袋着用、サングラス着用
日陰を歩いて直射日光を避けるなどして
対策をしていきましょう。

スポンサードリンク