W・D・H・SHの意味・読み方・単位を詳しく図面で紹介!

椅子やソファのサイズ表記にある『W・D・H・SH』の意味と読み方や単位を紹介します。

  1. 椅子
  2. 座椅子
  3. ソファ
  4. チェスト

の寸法を、図面で説明しています。

実際に現場でのやり取りで使っている読み方なども紹介します。

家具の寸法がわかれば、建築で使われている寸法も共通で理解できますので、最後までご覧ください。

W・D・H・SHの意味

まずW・D・H・SHの意味から説明します。

W・D・H・SHの組み合わせですと、SHがあるので椅子かソファの寸法ということになります。

  • W:幅
  • D:奥行
  • H:高さ
  • SH:座面高さ

実際には

W760 × D700 × H660 (SH475)

このように表記されています。

図面でどの寸法なのかを説明します。

椅子のW・D・H・SH

一般的な椅子の場合は

椅子のw・d・h・sh

  • 上面図には『WとD』
  • 正面図には『WとH』
  • 側面図には『DとSHとH』

どこの寸法なのか一目瞭然ですね。

 

別の椅子の場合です。

椅子のw・d・h・sh

側面図に『H』寸法を入れないでみました。

これはあってもなくても問題ありません。

正面図で『H』寸法がわかるからです。

 

次に座椅子の場合です。

座椅子のw・d・h・sh

座椅子の場合の『SH』が薄いです。

この座面の上に座布団を置いて座ることになるので、実際に座る座面高さは、SHに座布団の厚さを加えた寸法になります。

ソファのW・D・H・SH

2人掛けのソファの場合です。

ソファのw・d・h・sh

座面の高さが図面でわかるのが正面図しかありませんので『SH』の寸法はこの図面で記載してあります。

チェストのW・D・H

チェストの『W・D・H』です。

チェストのw・d・h

これは簡単ですね。

カタログなどにはW800 × D400 × H720

のような表記がされています。

W・D・H・SHの読み方

つぎに、W・D・H・SHの読み方ですが

  • Wは『wide(ワイド)』
  • Dは『depth(デプス)』
  • Hは『height(ハイト)』
  • SHは『seat height(シートハイト)』

と読みますが、実際には

『W・D・H・SH』は表記上の略として使用しているだけなので

『このデプスを350から450に変更して!』なんて使い方はしません。
  • Dの場合は『ディー
  • SHの場合は『エス・エイチ

です。

しかし、間違いなく正確に意図を伝えるためには、『幅、奥行き、高さ、座面高さ』といった日本語で伝えます。

ですから表記上

W760 × D700 × H660 (SH475)

と書いてあっても、

『この座面高さ475は低すぎない?』

『このエス・エイチ475は低すぎない?』

というような会話になります。

『このシートハイト475は低すぎない?』

という会話にはなりません。

W・D・H・SHの単位

次にW・D・H・SHの単位です。

W760 × D700 × H660 (SH475)

ここに使われている寸法は全て『mm』です。

家具なので760cmにならないことは想像が出きます。

760cmだと7m60cmということになりますからありえないですね。

建築設計や家具設計、その他建築に関わる建材などは全て単位がmmでやり取りされています。

 

1mは1000mmなので例えば

『ここの寸法は本当に1000でいいの?』

みたいな使い方です。

 

ただ、カタログによっては

単位(cm)

のような記載がしてあるかもしれません。

 

しかし、単位についての凡例がなければ全て『mm』ということです。

でも、お客さんに説明するときは、一般の方がわかりやすいように『cm』にすることはあります。

 

プロ同士は『mm』が共通認識で

お客さんには、その人がわかりやすい単位に直す

 

という感じです。

さいごに

いかがでしたか。わかってみれば簡単なことですが、家具選びには寸法の情報は必須です。

特に通販の情報だけで購入する場合は、しっかりと確認するようにしましょう。

<関連記事>
カウチソファを4人家族で使用するために5つ厳選して比較!

無料レポートをもらう

インテリア
最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP