1. TOP
  2. 濃溝の滝をNDフィルターを使って撮影した写真5枚を比較!【撮影編Ⅱ】

濃溝の滝をNDフィルターを使って撮影した写真5枚を比較!【撮影編Ⅱ】

 2016/03/25 写真・カメラ
この記事は約 5 分で読めます。 19,048 Views

nomizonotaki-hikaku-9

濃溝の滝を初めてNDフィルターを使って撮影した写真を見比べてみたいと思います。

設定を変えながら撮影するのが、おもしろくて止まらないといった感じでした。

楽しさが写真から伝わると良いのですが。

それでは、ごらんください。

スポンサードリンク

NDフィルターを使った撮影について

当日の天気は曇りで、前日まで雨が降っていたため、水量も多い状態です。

一旦構図を決めたら、設定を変えながら何枚か撮影。

NDフィルターが無段階だということでしたが、撮影は一番暗くなる「MAX」に合わせて撮影しました。

ですからND400ということですね。

洞窟と滝と水面を入れた場合

◆1枚目

nomizonotaki-hikaku-1

ISO200・54mm・f/11・1/4秒

まずは1枚撮影。なんでもない写真ですね。滝は「シャー」としています。

◆2枚目

nomizonotaki-hikaku-2

ISO200・54mm・f/11・4秒

シャッター速度を4秒にすると、滝が糸のようになりました。

◆3枚目

nomizonotaki-hikaku-3

ISO100・54mm・f/11・8秒

ISO200からISO100にして、シャッター速度を4秒から8秒に変更。

あまり印象が変わらないですね。

◆4枚目

nomizonotaki-hikaku-4

ISO100・54mm・f/16・20秒

f/16に絞って、シャッター速度を20秒に。

水面が少し滑らかになりました。

◆5枚目

nomizonotaki-hikaku-5

ISO100・54mm・f/16・30秒

シャッター速度を30秒にすると、水面がもっと滑らかに。

手前の枯草が邪魔ですね…

滝と水面だけの場合

滝に寄った写真です。

◆1枚目

nomizonotaki-hikaku-6

ISO100・92mm・f/16・8秒

滝の様子は良いのですが、水面の糸のようなものが気になります。

◆2枚目

nomizonotaki-hikaku-7

スポンサードリンク

ISO100・92mm・f/16・20秒

20秒にしてみてもダメ。水中か水面にある物体の軌跡は消えないんですね~。

もう少し低い位置から撮影すれば良かったのかな。

難しいですね。

撮影後は?

千寿の湯で温泉を堪能

撮影後は駐車場のすぐ隣の千寿の湯で温泉を堪能しました!

と言いたいところですが、奥さんがそういうのが好きではないため、私も巻き添えに。

遊びに行った先で温泉があれば寄っていきたいのですが、奥さんと一緒の時はいつも寄れません。

温泉好きの方はわかりますよね。この無念さ。すぐ目の前に温泉があるのに、寄れないなんて。

◆千寿の湯詳細

  • 厳選かけ流し!!!!!!!!!
  • 日帰り入浴:大人1000円/小人(5才以上)500円
  • 営業時間:10:30~21:00
  • 定休日:火曜日(祝日の場合は営業、翌水曜日定休)

あ~あ~。源泉かけ流しですよ、源泉。

しかも

  • 加水・循環ろ過・消毒なし
  • 加温のみ
  • 美肌の湯

古い角質や皮脂の汚れを落とす作用があるそうで、アトピーや皮膚病、肌荒れにおすすめとか。

美肌情報があると女性だったら温泉に入りたい思うのでは?

道の駅近くで昼食

nomizonotaki-ramen-4

温泉に入れないなら、せめて地元の昼食を!

ということで、道の駅のはす向かいにあるラーメン屋で昼食を摂りました。

営業時間はなんと「11:00~14:00」まで。

「短っ!」

「黄身そば」がおすすめらしいですが、温泉にも入れず、曇りで身体も冷えていたため暖かいラーメンにしました。

nomizonotaki-ramen-3

「豚骨味噌チャーシューメン」 980円に+100円で麺大盛り

後半、スープがちょっとしょっぱく感じます。

他に、運転手なのでビールは飲めませんが、おつまみチェックです。

nomizonotaki-ramen-2

「つまみ牛タン」500円

この牛タンがすごく柔らかくて美味しかったですね。

コンビーフみたいな食感で肉がほろほろとほぐれる感じ。

nomizonotaki-ramen-1

他のメニューです。竹岡系ラーメンも気になりますね。

さいごに

今の時期は、木々が生い茂っていないので、洞窟の奥の擁壁の苔が残念な感じですが、5月頃になると青々として全く違う雰囲気になるようです。

良い条件で撮影するのって難しいなと思いながらも、NDフィルターがおもしろいので天気予報を見ながら、しばらく通うことに決定!

他にも、海や雲の動きなどにもチャレンジしたいと思います。

スポンサードリンク

<関連記事>
濃溝の滝の写真を撮るために必要な機材や道具まとめ【準備編Ⅰ】
濃溝の滝の写真をNDフィルターで撮るための設定まとめ【準備編Ⅱ】
濃溝の滝アクセス方法!目指す場所や駐車場情報【撮影編Ⅰ】
濃溝の滝をNDフィルターを使って撮影した写真5枚を比較!【撮影編Ⅱ】(⇐今ここ)

\ SNSでシェアしよう! /

検索ライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

検索ライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

life

life

この人が書いた記事  記事一覧

  • 円通院の紅葉ライトアップの混雑状況や駐車場情報2017!

  • 中禅寺湖畔のイタリア大使館別荘へのアクセス方法と駐車場を紹介!

  • 『安藤忠雄展 挑戦』の混雑状況と所要時間!注意点や見どころ、グッズも紹介!

  • 千葉市美術館の『ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信』の混雑状況と見どころ!

関連記事

  • タムロン レンズキャップ

    カメラのレンズキャップをなくしたら?なくさない為には?そもそも必要?

  • 夜桜のライトアップ撮影に1脚でチャレンジするための準備!

  • カメラ初心者が持っておきたいおすすめの本7冊!

  • 濃溝の滝の写真をNDフィルターで撮るための設定まとめ【準備編Ⅱ】

  • パソコン不要!スマホ写真をプリントする7つの方法!

  • EOS7Dmark2のファームウェア確認方法とアップデート方法!

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss