1. TOP
  2. 口臭の主な3つの原因と対策法や病気かもしれないニオイの特徴とは?

口臭の主な3つの原因と対策法や病気かもしれないニオイの特徴とは?

 2016/01/07 美容・健康
この記事は約 11 分で読めます。 854 Views

 

口臭 対策

口が臭いよ!と先日奥さんから指摘がありました・・・。

そこで、口臭の原因と対策について徹底的に調べてみました。病気かもしれない口臭もあるとのこと。

ニオイの特徴も紹介しますので、口臭が気になる方は要チェックです。

スポンサードリンク

口臭の主な3つの原因

口臭の原因の前に、どれくらいの人が口臭を気にしているのか?口臭は1日の中でいつ一番クサイのか?ということから紹介します。

口臭が気になる人の割合

平成11年厚生労働省保健福祉動向調査によると(ちょっと古いですね(^^;)口臭が気になる人の割合は

15才~:7.6%
25才~:10.1%
35才~:17.7%
45才~:20.7%
55才~:18.0%
65才~:14.5%
75才~:8.5%
85才~:8.5%

となっています。働き盛りの年代の人が一番気にしているんですね。やはり仕事上、人と関わることが多いので気にしているんですね。

つまり、口臭の悩みは相手がいるから悩みになるということがわかります。私も奥さんに言われなければ悩んでいませんので。

1日の口臭の強弱

口臭は1日の中で強弱があります。

◆朝の場合

一番口臭が強いのが『起床後』です。

寝ている間に唾液の分泌量が減る

口の中の殺菌力が低下

口の中の雑菌が増える

ことが原因です。

起床後は他人が不快だと感じるレベルの口臭の強さです。ただ、朝食を食べて歯を磨くと口臭は弱くなります。

◆昼の場合

朝食後に歯を磨いてからは、昼食の時間に向って次第にクサクなります。ただ、この時の口臭の強さは、他人が不快だと感じる手前のレベルなので問題ありません。

朝食同様、昼食を食べて歯を磨くと口臭は弱くなります。

◆夜の場合

夜の場合は、昼食と同様に、夕食の時間に向ってクサクなります。この時の口臭も他人を不快にするレベルにはなりません。

そして、夕食を食べて歯を磨くと口臭は弱くなります。

口臭は食事をすると少なくなるんですね。でも口臭がなくなるということはなくて、他人が不快だと感じるレベルになるかどうかがポイントになります。

上記のように口臭の原因となるものは食べることでなくなります。では、それでも口臭が弱くならない場合はどんな原因があるのか見ていきたいと思います。

主な口臭の3つの原因

①舌の汚れ『舌苔(ぜったい)』が原因

◆舌苔とは?

舌の上のについている『白⇒淡黄色』の汚れや細菌が分解して臭いガスを出す。舌苔の量が多いほど強い口臭になる。

◆舌苔はなぜ付着するのか?

  • 口内洗浄をしない
  • 夏バテ
  • 暴飲暴食
  • 胃腸の調子が悪い
  • 口が乾いた状態が続く(口呼吸やドライマウス)

起床後に歯を磨く際に、舌を『ベー』と出してみると良くわかります。舌の表面が明らかに白くなっているので見つけた場合は要注意です。

②『歯垢・歯石』や『歯周病』が原因

◆歯垢・歯石

  • 歯垢:口の中の食べかすをエサにして増殖した細菌の塊で、白くてやわらかい沈着物。
  • 歯石:歯垢を放置したことで唾液に含まれるカルシウムを吸着して石灰化したもの。2日ほどで歯垢⇒歯石に変わる。

歯垢や歯石は虫歯や歯周病の原因になる。

◆歯周病

歯周病菌が原因で、はぐきが腫れたり歯を支えている骨が溶けたりする。歯周病菌は口、舌についている汚れを分解して口臭を発生する。

結局は食後に正しく歯が磨けていないのが原因ってことですね。

③『唾液の減少』が原因

唾液には免疫物質が含まれていて細菌を殺したりする殺菌作用がある。また汚れを洗い流す作用がある。

唾液は1日に成人の場合で1.5Lも分泌。この唾液が減少すると

口の中が乾燥する

口の中の細菌が増加

口の中や舌の汚れを細菌が分解

口臭ガスが強く発生

といった流れで口臭が発生。(起床後と同じですね。)

では、なぜ唾液が減少するのか?それは

  • ストレス
  • 緊張
  • 口呼吸
  • 睡眠不足
  • 不規則な食事
  • 薬の影響など(高血圧・不眠症)

があります。

なんか口が乾くなあというのが、唾液が減少している時です。喉が渇くのとは違います。


 

以上、口臭の3つの主な原因を見てきました。

  • 舌苔』が原因
  • 歯垢・歯石』や『歯周病』が原因
  • 唾液の減少』が原因

どれか該当する原因はあったでしょうか?ちなみに私の口臭の原因は、歯ぐきが一部腫れているので『歯周病』ではないかと自己診断中です。

次はそれぞれ原因毎にどのような対策をすればよいのか見ていきたいと思います。

口臭の原因別対策法

『舌苔』が原因の場合の対策

◆舌の掃除をする

  1. 専用のやわらかいブラシでコスリ取る
  2. 子供用の柔らかいブラシでも良い。
  3. 強くゴシゴシすると味覚を感知する味蕾が破壊されるので注意
  4. 奥のほうから前のほうにそっと優しくかきだす。
  5. おう吐反射を防ぐため(おえってなる)息を止める

◆胃腸の調子を整える

  • 腸には『ハチミツヨーグルト』。ハチミツのグルコン酸とヨーグルトの乳酸菌で腸内バランスを整える。
  • 胃には『ハチミツレモン水でうがい』。グルコン酸の殺菌力で舌苔を退治し、胃腸の働きも正常化してくれる。

lemon

⇒ハチミツレモン水の作り方

スポンサードリンク
  1. ハチミツ:小さじ1以上
  2. レモン汁:大さじ1
  3. コップ1杯の水:150ml~180ml
  4. 1~3を混ぜるだけで完成

舌苔をケアした後は1/20程度まで口臭が弱くなります。それだけ、舌苔は口臭が強くなる原因ということです。我が家にも20代女子がいますが、口臭予防に舌苔用のブラシを使っています。

ただ、口腔内の細菌のバランスを保つ役割もあると考えられているため、通常は1日1回、起床後に朝食を食べる前にケアするだけで十分といいます。

なので我が家のルールでは、舌苔の掃除は1日1回までと決めています。

『歯垢・歯石』や『歯周病』が原因の場合の対策

dental

◆歯垢除去と歯石予防

  1. 食後の歯磨きの徹底。ブラッシングで歯垢を防ぐ
  2. デンタルフロスで歯垢を除去する
  3. 薬用マウスウォッシュで口内を洗浄する
  4. 定期的に歯科で歯垢・歯石を除去する

◆歯周病対策

  1. ブラッシングやデンタルフロス、マウスオッシュは同様に行う
  2. 歯間ブラシで歯と歯肉の間を掃除する
  3. 歯科を受診する

ブラッシングのチェックとして、歯垢染色液(歯垢が赤く染まる液体)を自宅でも使うと良いでしょう。


 

歯垢除去や歯周病予防には、まずはブラッシングが基本になります。私も親不知の治療に歯科に行った時に、歯ブラシの選び方とブラッシングのしかたの指導を受けました。治療期間中に何回か歯科助手の子に教わりながら練習をしなければ上手くできなかったと思います。その内容を紹介しますので参考にしてください。

◆歯ブラシの選び方
まずは歯ブラシの選び方です。

  • ヘッドは小さ目(2本指の幅よりも小さく)
  • ブラシの毛は細く密集
  • 毛の硬さは、手の甲をこすっても痛くないもの
  • ブリップは太めが持ちやすい

◆ブラッシングのしかた
次にブラッシングのしかたです。歯ブラシの持ち方ですが、ペンを持つように握ります。これは力を入れ過ぎないようにするためですが、慣れないと磨きにくいので練習が必要です。

歯垢の付きやすい歯の裏面から

  1. 上の左奥歯→前歯→右奥歯
  2. 下の左奥歯→前歯→右奥歯

次は歯の表面

  1. 上の左奥歯→前歯→右奥歯
  2. 下の左奥歯→前歯→右奥歯

の順に、1本づつ磨きます。上下と左右はどちらから始めてもOK。歯茎をマッサージする感じで、歯の面に対して垂直に当てて磨きます。

上手に磨けていれば、歯磨き粉を付けないでもツルツルになります。

また、最近友人の歯科医師にすすめられたのが、『ワンタフトブラシ』というものです。1本づつ袋に入ったもので、それを飲んでいる席で『はい』と渡されました。使い方は教えてくれませんでしたが、『これ使うといいよ』とのこと。

それで、私の口臭の原因『歯周病?』ですが、約20日間ブラッシング(朝・昼・夜)とマウスウォッシュ(朝・夜)を続けた結果、ようやく治まりました。歯茎のはれもなくなり、口臭もなくなったので一安心です。最初の1週間くらいは良くなる気配すらありませんでしたが。

もし、まだ『口くさいよ!』と奥さんに言われたら、どうしようかと思っていました。原因は1つづ潰していくしかありませんからね。

『唾液の減少』が原因の場合の対策

唾液が減少する場合は

  • 食事は良く噛んむ
  • 適度にしゃべる
  • 口を閉じて鼻で呼吸する『鼻呼吸』を習慣づける
  • 口や舌を動かして唾液の分泌を促す

といったことが唾液の分泌を促します。また以下の口の運動も有効です。

⇒唾液の分泌を促す口の運動

  1. 上の歯と下の歯をかみあわせてカチカチならす。
  2. 口の中で舌を右にグルグル12回程度まわす。
  3. 舌を左にグルグル12回程度まわす。

その他、パピプペポを繰り返すなどがあります。これは体臭・多汗・ワキガ治療の五味クリニック院長『五味常明』医師推奨の運動です。

たとえば、デスクワークで黙々と仕事を進める必要がある人などは、日中ほとんど話をしないということがあるのではないでしょうか。その場合、可能であればガムを噛むと良いのですが、普通は難しいと思いますので、上記の口の運動を試してください。すぐに唾液が出てきますよ。

口臭の原因になる病気とニオイの特徴とは?

口臭には病気が心配なものもあります。先ほど紹介した原因と対策をしてみても良くならない場合は専門医に相談することも必要です。

◆胃腸の病気

  • 病名:胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • ニオイの特徴:卵の腐ったようなニオイ

◆肝臓の病気

  • 病名:肝硬変・慢性肝炎
  • ニオイの特徴:ネズミ臭、症状が重くなるとカビ臭・腐卵臭とニンニクの混ざったニオイ

◆糖尿病

  • 病名:糖尿病
  • ニオイの特徴:甘酸っぱいニオイ

◆腎臓の病気

  • 病名:腎不全
  • ニオイの特徴:アンモニア臭

◆空気の通り道

  • 病名:気管支炎・肺炎・蓄膿症・鼻炎・扁桃腺炎・副鼻腔炎
  • ニオイの特徴:生臭い肉の腐ったようなニオイ

身近では、ここまでの口臭の人には会ったことがありません。結構強烈なニオイってことです。

さいごに

口臭は、周りの人が不快と感じているかどうかを指摘してもらう必要があります。今回の私のように第三者に『臭いよ!』と言ってもらう必要があります。自分の口臭は鼻が慣れてしまって自分で判定をするのは難しいのです。

もし、周りに言ってくれる人がいない場合は、口臭測定検査機器を使用して判定する方法がありますが、検査は大学病院の口臭専門外来などで行っているので気軽に検査は出来ません。

ですから、まずは歯科で見てもらうというのもおすすめです。

奥さんに口臭がおさまった頃に『もう一度嗅いでみて』ってお願いしたら、ものすごい勢いで拒否されましたので、普通の人は教えてくれないってことです・・・。

◆こちらの記事も人気です
加齢臭を消す食べ物!サプリの併用と飲み物もおすすめ♪
加齢臭はどこが臭い?意外と多いクサイ部位まとめて紹介!
加齢臭は朝から対策が常識?臭い始めの時間と香りがポイント!
加齢臭対策は頭、耳裏どこが重要?知っておきたい部位別対処法
わきが体質を耳垢の湿り具合とチェックリストで判断する方法!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

検索ライフの注目記事を受け取ろう

口臭 対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

検索ライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

life

life

この人が書いた記事  記事一覧

  • 左胸の痛みが安静時に起きた時は何科に行く?検査内容や費用も紹介!

  • インスタグラムで撮影したい景勝地【神割崎】のアクセス方法と駐車場情報!

  • 北野天満宮のもみじ苑ライトアップ2016・境内夜間特別拝観に行ってきた!

  • 清水寺のライトアップ2016の見所と混雑状況リポート!

関連記事

  • バリカンのスキ刈りアタッチメントの使い方!毛量調整には不向き?

  • ニベアの青缶がニキビに効くって本当?どんな成分?使い方は?

  • 薄着になると気になる体のラインベスト6!その脂肪取れる?

  • いつかの石鹸

    いつかの石鹸コスパの良い使い方!毎日使って毛穴・ニキビも解消!

  • ヒマラヤ紅茶

    ストレス解消におすすめの飲み物7選!イライラ緩和や不眠に効く?!

  • タオルドライ

    タオルドライにおすすめ!ふわふわで吸水性抜群のタオルベスト3