1. TOP
  2. ホワイトチアシードの違いとは?栄養素・カロリー・食べ方などで比較

ホワイトチアシードの違いとは?栄養素・カロリー・食べ方などで比較

 2015/11/05 美容・健康
この記事は約 6 分で読めます。 1,123 Views

 

chia seed

ホワイトチアシードって何が違うのか知っていますか?ブラックチアシードよりもホワイトチアシードのほうが人気があるとのこと。我が家はまだ黒ですが・・・

そこで、今回は

  • 栄養素
  • カロリー
  • 食べ方

などの違いについて調べてみました。

それだけ?という違いから、そんなにも?という違いがありましたので、ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

ホワイトチアシードの違いとは?

まずは基本的なことからです。

そもそもチアシードは黒色なんですが、たま~に白い種が混じっていました。この白い種が栄養価が高いとのことで、10年以上もかけて品種改良して出来たのがホワイトチアシードです。

チアシードのエリート集団ですね^^

最も大きな違いはチアシードの膨張率です。比較すると

  • ブラックチアシード:約8~10倍に膨張
  • ホワイトチアシード:約10~14倍に膨張

ホワイトチアシードのほうが約1.4倍膨張します。ということは

  • ブラックチアシードが30日でなくなる量でも
  • ホワイトチアシードは42日と12日分も長く持ちます

1回で食べる量が少なくて済みます。膨張率が高ければそれだけお腹の減りを解消できますので、食事の量が減らせてカロリー摂取量が減るというメリットがあります。

これは経済的ですね。

1つ目の違い:膨張率が高い!

ホワイトチアシードの違い 栄養素では?

ホワイトチアシード栄養素比較

次に栄養素の違いを比べてみます。

◆ブラックチアシード(12gあたり)

  • たんぱく質:2.2g
  • 食物繊維:3.6g
  • マグネシウム:40mg
  • 鉄:0.77mg
  • オメガ3脂肪酸(ALA):2140mg

◆ホワイトチアシード(12gあたり)

  • たんぱく質:2.6g
  • 食物繊維:3.9g
  • マグネシウム:36mg
  • 鉄:0.79mg
  • オメガ3脂肪酸(ALA):2190mg

栄養素はそんなに違いがないように見えますね。でもマグネシウム以外は全てホワイトチアシードの方が上です。

2つ目の違い:栄養価が高い!

栄養素を食品に置き換えると

ホワイトチアシードの販売ページに以下のような栄養素の違いが書いてありました。

  • マグネシウム:ブロッコリーの5倍
  • オメガ3脂肪酸:鮭の8倍
  • カルシウム:牛乳の6倍
  • たんぱく質:キドニー豆の6倍
  • 鉄分:ほうれん草の3倍
  • 食物繊維:オーツ麦の3倍

キドニー豆やオーツ麦で比較されてもピンと来ませんね。

スポンサードリンク
  • キドニー豆⇒赤いんげん豆で美腸食。抗酸化パワーも高い。
  • オーツ麦は⇒食物繊維が豊富でビタミン、ミネラル、たんぱく質も豊富。

と、健康に良い食品よりも栄養素が高いですよ~ということですね。ただ、100gの鮭は食べれても100gのホワイトチアシードは食べれませんね。この比較の意味するところは少量でも高い栄養素が取れるということですね。

ホワイトチアシードの違い カロリーは?

次に比較するのは『カロリー』です。

◆ブラックチアシード(12gあたり)

エネルギー:58kcal

◆ホワイトチアシード(12gあたり)

エネルギー:51kcal

カロリーもわずかに少ないだけですね。たった7kcalか~。と思いましたが、待て待て。
1日3回食べるとして、30日でどれだけ違うかちょっと計算。

7kcal×3回×30日=630kcal

630kcalは、おにぎり1個が200kcalなので一ヶ月でおにぎり3個分になります。

これを一年続けると、体重1kg分の違いになりますね^^
(体重1kgを減らす時は、約7200kcalのエネルギーを消費しなければいけません)

3つ目の違い:1ヶ月でおぎにり3個分(少ないカロリー)

ホワイトチアシードの違い 食べ方は?

ホワイトチアシードには食べ方に影響する大きな違いがあります。それは

無味無臭

味にクセがないので、何にでもかけられる、混ぜられるという特徴があります。また、見た目にもグロさが軽減されているので、ブラックチアシードの見た目が苦手な人でも大丈夫。

  • ヨーグルトに入れても違和感がない
  • クセがないのでザクロジュースに入れて飲む
  • スムージーに入れて食べる
  • 野菜ジュースに入れて飲む
  • 豆乳に浸している
  • ヨーグルトにフルーツを入れ、かけて食べる

など見た目を気にすることなく、食感を楽しむことが出来ます。見た目は、かなり影響ありますよね。我が家では危うく『チアシード禁止令』が出そうになりましたから。

4つ目の違い:無味無臭でグロさがない

さいごに

チアシードは1回分が少量で済むので良いのですが、高カロリー食ということを忘れてはいけません。

例えば、12gで51kcalなので、120gで510kcalになります。これは、お餅1個で250kcal程度なので、同じ量を食べると約2倍もカロリーが高くなります。

チアシードは膨張するので、そんな量を1回で食べることはありませんが、『高カロリー食』ということは忘れずに!

とはいえ

  • 膨張率が高く
  • 栄養価も高く
  • カロリーも低め
  • 無味無臭
  • グロくない

しかも、価格もほぼ同程度なので、黒から白に変更するしかありませんね。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

検索ライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

検索ライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

life

life

この人が書いた記事  記事一覧

  • 左胸の痛みが安静時に起きた時は何科に行く?検査内容や費用も紹介!

  • インスタグラムで撮影したい景勝地【神割崎】のアクセス方法と駐車場情報!

  • 北野天満宮のもみじ苑ライトアップ2016・境内夜間特別拝観に行ってきた!

  • 清水寺のライトアップ2016の見所と混雑状況リポート!

関連記事

  • ランニングダイエットで痩せない人が陥る9つのワナとは?【要チェック】

  • 簡単!足のむくみを解消するツボや運動手間なし解消グッズを紹介

  • 腸内細菌が花粉症を防いでくれるって本当?アレルギー症状に変化が!? 

  • 子供の熱中症対策飲み物の選び方!帽子おすすめや首周りについて紹介

  • ベビーカーの暑さ対策グッズ一覧!保冷シートや日よけなど

  • ヒマラヤ紅茶

    ストレス解消におすすめの飲み物7選!イライラ緩和や不眠に効く?!