1. TOP
  2. 隅田川花火大会の会場を紹介!会場の違いや最寄り駅を掲載中

隅田川花火大会の会場を紹介!会場の違いや最寄り駅を掲載中

 2015/04/02 イベント
この記事は約 6 分で読めます。 1,351 Views

享保18年(1733年)に徳川吉宗が『両国川開き』として開催した歴史ある花火大会。
現在は隅田川花火大会として毎年開催され、日本を代表する花火大会になります。

花火を打ち上げる会場は2ヶ所あります。初めての方のために詳しい会場の場所や
2会場の違い、会場への最寄り駅を紹介します。鑑賞前に要チェックです。

スポンサードリンク

隅田川花火大会の会場を紹介

隅田川花火大会の会場は第一会場と第二会場の2ヶ所あります。
第一会場
第一会場は区立隅田公園にある台東リバーサイドスポーツセンター前から
対岸を結ぶ桜橋(X型をした橋)の南側と言問橋の北側の間になります。

隅田公園にある少年野球場と野球場は協賛席になり
それ以外の公園内と桜橋、桜橋対岸のテラス等は
16:30~21:30まで立入禁止です。

また、言問橋は隅田区方面(隅田川の東側)から
台東区方面(隅田川の西側)に向かって一方通行になります。

隅田川花火大会第一会場

隅田川花火大会第一会場

言問橋を下流側から

言問橋を下流側から

言問橋から第一会場方面を見る

言問橋から第一会場方面を見る

第二会場
第二会場は青色のアーチのある駒形橋の南側と
緑色の3連アーチのある厩橋(うまやばし)の北側の間
になります。

厩橋からはスカイツリーと第一会場の花火も眺めることが出来ます。
厩橋は台東区方面(隅田川の東側)から隅田区方面(隅田川の西側)に
向かって一方通行になります。

駒形橋は隅田区方面(隅田川の東側)から
台東区方面(隅田川の西側)に向かって一方通行になります。

隅田川花火大会第二会場

隅田川花火大会第二会場

厩橋を下流側から見る

厩橋を下流側から見る

駒形橋を下流側から見る

駒形橋を下流側から見る

厩橋から第二会場方面を見る

厩橋から第二会場方面を見る

会場にはそれぞれ第一会場本部と第二会場本部が設置されます。
また、2会場の中間地点にあたる吾妻橋の北側・台東区側に大会本部が設置されます。

スポンサードリンク

隅田川花火大会の会場の違いは?

花火大会の2つの会場の違いについて説明します。
第一会場
第一会場は、コンクール玉200発を含む計約9500発の玉数です。
19時5分から打ち上げが開始されます。

19時40分頃からコンクールが開始され
参加者が20発づつの玉数を順に打ち上げます。
コンクールは20時過ぎまでです。

その後20時30分のフィナーレに向けて
1300発、1200発、2000発と花火が豪快に打ち上げられます。

打ち上げ業者は(株)丸玉屋小勝煙火店
江戸時代末期から続く老舗で平成26に創業150周年を迎えています。

第二会場
第二会場は、約10,500発の玉数が打ち上げられます。
打ち上げ開始は19時3分から。

第二会場南側の蔵前橋からは、第一会場の花火を遠景に
右手にスカイツリー、手前に第二会場の花火が
同時に眺めることが出来る人気スポットです。

打ち上げ業者は(株)ホソヤエンタープライズ
創業1906年(明治39年)と、こちらも老舗です。

隅田川花火大会の会場の最寄り駅

会場への最寄り駅を使う場合に注意点があります。

  • 隅田川沿いを下流(南側)から上流(北側)に向かって基本的に一方通行になっている。(詳細は隅田川花火大会のHPにある道路規制案内地図による)
  • 隅田川にかかる橋が交通規制範囲内は一方通行になっている。

この2点を考慮して、会場近くのどのエリアに行きたいのかを決めてなければいけません。

【第一会場最寄り駅】
台東区側
浅草駅(銀座線・東武線)
浅草駅(つくばエクスプレス)

墨田区側
本所吾妻橋(浅草線)
押上(半蔵門線・浅草線・東武線)
とうきょうスカイツリー駅(東武線)

【第二会場最寄り駅】
台東区側
蔵前駅(大江戸線・浅草線)
浅草駅(浅草線)
浅草橋(JR)

墨田区側
両国(大江戸線)
両国(JR)

これらの駅の利用は当日午前中から昼間過ぎまでの場合は問題なく利用できますが
開始時間に近づくにつれて大変混雑しますので利用するには覚悟を決めましょう。

JR浅草橋駅や錦糸町からの徒歩も会場に遠いにも関わらず混雑します。
時間に余裕を持って会場近くの駅とは違う路線を利用し、徒歩で向かうなどの対応も考慮しましょう。

まとめ

隅田川花火大会は事前準備をするかしないかで
見に行って良かったかどうかの意見がわかれます。

時間をかけて場所取りをしたり、早目早目の行動をして会場付近に到着したり
帰りも大勢の人が向かわない混まない離れた駅を利用したりと
工夫した人は行って良かったとなりますね。

逆に、ギリギリに会場に向かおうとしたり
見える場所のチェックもあまりせずに出かけた人は
混雑のスゴサで二度と見に行きたくなくなります。

スポンサードリンク

隅田川花火大会は下準備が重要!ということを理解しておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

検索ライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

検索ライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

life

life

この人が書いた記事  記事一覧

  • 石巻駅から徒歩30秒のおすすめランチ『大もりや』に行ってみた感想!

  • 松島の遊覧船を混雑回避して楽しむおすすめの方法とは?

  • 左胸の痛みが安静時に起きた時は何科に行く?検査内容や費用も紹介!

  • インスタグラムで撮影したい景勝地【神割崎】のアクセス方法と駐車場情報!

関連記事

  • 成田山 初詣

    成田山の初詣のアクセス方法!電車と車どっちが賢い?

  • お年玉の相場を高校生・中学生・小学生・幼稚園児の金額を紹介!

  • クリスマス テーブルコーディネート

    クリスマステーブルコーディネートを100均の紙皿・ナプキンで素敵に!

  • 正月飾りの手作り100均レシピ!リースをベースに水引きを簡単に使う!

  • 正月飾りは手作りで折り紙と100均グッズで作ろう!

  • 夏休みの自由研究テーマの選び方で【絶対】に参考になるホームページ5選!